「ボクサー」Primroseの姿勢

「ボクサー」Primroseの姿勢

プリムローズの演奏姿勢は見事だと思うのですが、カラダの軸がしっかりしているように見受けます。私にはよくわかりませんが、今流行りの言葉でいう「体幹」があるのでしょうか。

実は、プリムローズはボクシングの腕前もあったとのことです。ボクシングは、身体の軸とともに、パンチのために腕(=肩、肩甲骨)を前に狙いどおりに打ち出す「前鋸(ぜんきょ)筋」が発達するそうですが、プリムローズもこの前鋸筋が発達していたものと見受けられます。

最近見つけたBeethovenのNotturnoの演奏動画も、大いに参考になります。腕の脱力も、胴体のしっかりした姿勢も、音を聴かなくてもいいほど美しい姿勢だと感心しました。1958年の録画です。